着物姿の美しい立ち振る舞い | 着物レンタルや着付け教室がある【牡丹きもの塾】は台東区にあります。気軽に着物を着ませんか。

着物姿の美しい立ち振る舞い

着物姿の美しい立ち振る舞い

東京都の台東区にある当教室は、着物レンタルや着付け教室を行っております。着物は、結婚式など特別な日にしか着ないという方は多いかと思います。着物は決して安いものではありませんが、着物を着たい方には着物レンタルがおすすめです。レンタルならその日だけ着ることができ、格安料金で利用できます。

結婚式やパーティーといった華やかな行事に対応できる訪問着などの結婚式訪問着レンタルの他にも、様々な着物のレンタルを行っておりますので、文京区など近隣の方もお気軽にご利用ください。こちらでは、着物姿のときの美しい立ち振る舞いについてご紹介したいと思います。

姿勢のポイント

かかととつま先を揃え、背筋を伸ばします。また、着物姿では意外にもヒップラインが目立つため、ヒップは引き締め緊張感を持たせます。そして、お腹を引き上げ、あごを引いて首を立てます。肩の力を抜いてリラックスし、左右の高さを揃えます。

歩き方のポイント

普段、着慣れていないと歩き方が難しく感じます。着物の場合、洋服のときよりも小さい歩幅で内股に歩くのが基本です。
このとき履物を引きずったり、大きな音を立てたりしないように注意しましょう。膝より下を使い、すり足気味で歩くイメージで歩きます。

階段の昇降のポイント

階段の昇り降りは、袂を引きずったり、裾を踏んだりしないように注意しましょう。
右手で裾の上前を軽く引き上げると昇り降りしやすくなります。

椅子に腰掛ける際のポイント

椅子に腰掛ける際は、あまり深く腰掛けないようにするのがポイントです。椅子の背もたれに帯があたり、せっかくの帯の形が崩れてしまいます。椅子の背もたれにあたらないように少し浅めに腰掛け、両手は膝の上に揃えて置きます。

このように立ち振る舞いの美しさは、着物姿をより美しく見せるポイントにもなります。
美しい立ち振る舞いで、着物美人を目指してみませんか。

TEL:090-9002-9812/メールはこちら

24時間WEB予約

Page Top