着付けと小物使いで表現する着物の魅力 | 着物レンタルや着付け教室がある【牡丹きもの塾】は台東区にあります。気軽に着物を着ませんか。

着付けと小物使いで表現する着物の魅力

着付けと小物使いで表現する着物の魅力

着物に合わせる小物遣いで、全体的なまとまりや雰囲気が様々な表情を見せます。女性の理想的な着物スタイルを体験するためには、着付けだけではなく小物使いへのこだわりも大切です。

ネイル

着物を着ると露出する肌の部分が少なくなり、男女問わず素肌が見える襟足や手先が色気を演出します。特に、着物の袖口からのぞく女性の手先は、ネイルアートなどをプラスするととても素敵にまとまります。 着物に合わせた色や柄を選ぶことがおすすめで、統一感のある「和」のテイストがマッチします。「和」の演出としてとても効果的なのは、季節の絵柄を取り入れるということです。例えば、春は桜・夏は花火・秋は月・冬は市松模様など、季節を表現する柄を取り入れるのがおすすめです。

バッグ

最近では、普段使いの小物類を着物と合わせるスタイルも一般的となっています。着物とバランスを取り、マッチするものを選ぶことで、着物がより魅力的に見えます。着物が洋服と違う点は、袖の振りがあることと、帯飾りがあることです。 そのため、横長のクラッチタイプや、丸みのある小ぶりなハンドバッグがマッチします。和洋のテイストに限定して選ぶのではなく、形・素材・サイズを意識するのが上手な選び方と言えます。

草履

時代が変化しても、着物に合わせる履き物は「草履」であることには変わりがありません。靴・ブーツ・パンプスなどの洋服に合わせるタイプではなく、鼻緒の付いた草履を選ぶことが第一です。 それでも、最近ではディテールにバリエーションを加えたものが多く登場しており、選ぶ楽しさがあります。草履を粋に履きこなす基本は、鼻緒を指の付け根まで入れ込むのではなく、指先を軽くつっかけることです。この履き方によって、自然と色気があり、しっとりした歩き方ができるのです。

東京都文京区の隣に位置する台東区にある当教室では、気軽に着物を楽しめる「着付け体験レッスン」を行っている着付け教室です。 浴衣や着物のレンタルも行っており、和のファッション・着物を気軽で小粋にお楽しみいただけます。

TEL:090-9002-9812/メールはこちら

24時間WEB予約

Page Top