着付けのコツを身につけよう | 着物レンタルや着付け教室がある【牡丹きもの塾】は台東区にあります。気軽に着物を着ませんか。

着付けのコツを身につけよう

着付けのコツを身につけよう

浴衣や着物を綺麗に着こなしている人を見ると、とても素敵に見えます。
こちらでは、綺麗な着物姿になるためのコツや注意点をいくつか挙げてみたいと思います。

衿元について

後ろ首の部分は適度に開ける必要があります。こぶしひとつ分開け、横から見たときに衿の角度が若干後ろに倒れた状態にするのがベストです。あまり開いていないと苦しそうに見え、優雅さがなくなってしまいます。反対に衿を抜きすぎてしまうと、上品に見えなくなってしまいますので注意が必要です。そして衿合わせは、首の根元の骨が隠れるぐらいにします。
年配の方はやや広く開けても良いですが、若い年代の方は、開けすぎると若々しさがなくなってしまいます。

裾について

裾の長さは、足のくるぶしが隠れる程度が良いでしょう。腰紐をすると裾は上がってくるので、着物を合わせる際には、床すれすれの位置で長さを調整します。かかとの高い草履を履くなら、少し長めにすると丁度良いでしょう。
また、裾合わせのときは、体の幅と着物の上前を合わせるようにします。上前が体の幅よりも狭く、反対に巻きつけすぎるとすっきりした印象になりません。

補正を行う

洋服とは違い、着物は立体的ではなく直線で裁断されています。そのため、体のラインがデコボコしている状態で着ると、余計なしわができてしまい、綺麗に着付けることができません。でも、体がくぼんでいる箇所にタオルなどを巻きつけるなどしっかり補正をすることで、着物姿を美しく見せることができます。

大まかに着付けのポイントをお伝えしましたが、詳細については当教室のレッスンで体験してみませんか。
着付け教室を開いている当教室では、マンツーマンで一人一人に合わせたレッスンを行います。
着付けに必要な道具は貸し出しが可能なので、道具を用意しなくてもすぐに始められます。
教室は東京都の文京区や北区、中央区からもアクセスしやすい場所にございます。
体験レッスンなどのお問い合わせは、お気軽にご相談ください。

TEL:090-9002-9812/メールはこちら

24時間WEB予約

Page Top